お茶のサイト格付け 最新版

Home > 静岡のお茶情報 > お茶の栽培が有名な静岡のお茶の種類

お茶の栽培が有名な静岡のお茶の種類

飲み物は私達が生活していく上で、欠かせないものの一つです。
その中でもお茶は、古くから日本人に親しまれて飲まれています。
食事のお供に、おやつと共に、日頃の水分補給にと、様々な場面で登場します。
お茶の名産地といえば、静岡県が代表的です。
温暖な気候や川の流域の山間部などの土地柄などが栽培するのに適しており、全国の約40パーセントの生産量を誇ります。
静岡茶の中でも、幾つかの産地によって種類が異なります。
まずは川根茶ですが、大井川の中流の川根地方で栽培されます。
川の両側を斜面で囲まれていたりという条件が、栽培にとても適しています。
次に天竜茶というものがありますが、県西部を流れる天竜川の中流域の、天竜区、森町などで栽培されます。
川霧の発生という自然条件が、適度な渋みを醸し出し、味わいのある仕上がりとなります。



通販でお茶を静岡エリアから取り寄せよう

ちょっとした休憩時に一息つく時、お客さんが訪れた時などにお茶を利用される方も大勢いらっしゃるでしょう。
お茶は各地域によって名産がありますが、中でも有名なのが静岡茶になります。
静岡は生産数全国一位を誇り、親しみやすいブランドから高級ブランドまで様々な種類を選ぶ事が出来ます。
旅行に出掛けた際に購入される方もいますが、近年はインターネット通販で購入される方も増えてきました。
通販では手軽に、そして誰でも簡単に買い物する事ができ、尚且つご自身の好きなタイミングで購入出来るのが魅力です。
また、実際に静岡茶を探した際、種類の多さに迷ってしまうケースもありますが、通販では詳しい詳細も掲載されているので分かりやすく選ぶ事が可能です。
ご自身やご家族用だけでなく、贈り物としても選ばれる事が多いので検討してみてはいかがでしょうか。



伝統的はお茶は静岡で鎌倉時代に

鎌倉時代前期の僧侶である明恵上人によって種をまかれたことから始まったといわれるのが、静岡のお茶です。
米と同様に年貢の品物として扱われるようになるほど重要な農産物として駿河では取り扱われてきましたが、大政奉還後になって、かつて幕府に使えていた遺臣が集い、開墾を行った為、茶畑が増えることになりました。
膀胱がんの抑制をはじめとしたがんの抑制に一役買う効果が高いといわれているため、多くの人が飲み続けています。
カテキンやビタミン類が豊富といわれ、更に水溶性食物繊維やクロロフィルといった希少な成分を取り入れることもできます。
静岡ではお茶を毎日10杯以上飲んでいるといわれていますが、医学的に杜にかなった方法です。
カテキンを毎日適量取り入れるためには、10杯が適切といわれているからです。
全国でも緑茶のティーバッグの普及が普及したことにより、飲む量が増えています。

次の記事へ