お茶のサイト格付け 最新版

Home > 静岡のお茶情報 > お茶の歴史

お茶の歴史

お茶は、日本人にとって非常に馴染み深い飲み物で、無くてはならない飲み物になっています。
歴史的には中国から輸入されて広まったということは、誰もが知っていますが、原産地の説では2種類あり、四川省や雲南省の当たりという説と中国の東部、東南部という説があります。もともと原産国の中国では、古くから飲まれていた飲み物で、最初は四川あたりから江南地方に広がり、全国に広がったというルートのようです。
いつ頃から始まったのかは定かではありません。茶という漢字が成立したのは唐代からということですので、それ以前は別な名前で飲まれていたということになります。記録としてそれらしいものがみられるのは、紀元前2世紀ごろで前漢の時代です。

中国の唐の時代には、文化的にも書物になったりもして、広く飲まれていたようですが、その頃は粉にしてそれをお湯に溶かして飲んでいたようです。
また、いちばん良い品質のものは野生のもので、その次が栽培したものだと書かれていて、とくに日当たりなどで味が変わるということも理解されていたようです。そして朝廷に献上されるまでになり、その時代に一般庶民へも広がり、一般化したということです。最初の頃は搗いて粉にしましたが、その後宋代には、研って粉にして飲まれたようです。そして金額も高い価格のものが生産されるようになり、お宝もののように扱われるものも生産されるようになりました。
明代になると創始者の太祖洪武帝が庶民から天下を取った人なので、高級なものではなく一般的なものに嗜好が移っていったということで、時代によって、流行も変わるということがわかります。

日本では最初に伝来したのは奈良時代ではないかとも言われていますが、有名な話として最長や空海が中国から持って来てから広まったという話があります。
しかし、遣唐使が廃止されてから、唐風の色々なものが廃れていきお茶も飲まれなくなりました。そして時代が下って、平安時代末から鎌倉時代初期の有名な僧である栄西という人が中国から持ち帰り、今度は日本でも根付いて今に至ります。一般に普及したのは江戸時代で、それまでは貴重な高価な商品として扱われていました。江戸時代には戦乱から平和に移行した時代ですが、現金作物としてお金になるということで、各地で栽培されるようになり、今のように一般的になりました。
また、飼料として干鰯や油粕などを購入しなければならなかったので、地方にも貨幣経済が浸透したという経済面での進歩にも貢献しています。
そして今に至るということで、長い文化的な歴史の上に今飲まれているということがわかります。

次の記事へ