お茶のサイト格付け 最新版

Home > 静岡のお茶情報 > カテキン良い部分と悪い部分

カテキン良い部分と悪い部分

緑茶の有効成分と言えばカテキンということが良く知られています。
しかし緑茶には良い点だけではなく悪い点もあると言われており、これらの点を事前に理解した上で上手に利用してみることをおすすめします。まずカテキンの良い点に関しては、様々なものが挙げられます。ビタミンEの約50倍にも上る高い抗酸化作用を持っており、アンチエイジングや生活習慣病を予防することができます。
また活性酸素を取り除く働きがあるためシミやシワを予防し、美肌になる効果も期待できます。さらにカテキンが持つ殺菌効果は虫歯や口臭を予防することもできるため、定期的に飲むことをおすすめします。この他にもコレステロールの値を下げたり、悪玉コレステロールの増加を防ぐという働きもあります。

一方で緑茶は飲みすぎると悪い点があることもわかっており、飲むときには気を付ける必要があります。
緑茶には有効成分であるカテキンだけではなくタンニンという成分が含まれています。タンニンとは渋みを持つ成分で、殺菌作用などの良い作用がある一方でたくさん摂取すると貧血になってしまうと言われています。これはタンニンが持っている鉄分と結合する性質のためで、こうなると鉄分が体に吸収されにくくなってしまいます。すなわち貧血になりやすくなるため、特に貧血気味の人や妊娠中で鉄分をしっかりと摂取する必要がある人は気をつけるようにしてください。
ただし食後に緑茶を飲むことは避けるというように、毎日の習慣を少し変えることで貧血になるトラブルを防ぐことができます。
緑茶には様々な健康効果があることも事実であるため、注意しながらぜひ摂取するようにしてください。

緑茶と言えば日本の有名な産地は静岡ですが、オンラインショッピングを利用すれば静岡から直接おいしい緑茶を取り寄せることができます。
様々なタイプの緑茶がありますが、特に人気を集めているのは産地賞を受賞したことがある深蒸し茶で、健康長寿のお茶としてよく知られています。自宅用に利用しやすい煎茶だけではなく、最高級煎茶も取りそろえられています。ギフトにすると喜ばれるため、ぜひ注文してみることをおすすめします。
このオンラインショップでは深蒸し茶の他に浅蒸し煎茶や静岡玉露なども取り扱われているため、ぜひ合わせて購入してみてください。
オンラインで注文できるだけではなく、ファックスやフリーダイヤル、メールでも問い合わせてみることが可能です。